理想の相手と出会う瞬間

出会った人がタイプ

誰でも一度は理想的な相手との出会いを想像したことがあるのではないでしょうか。
自分との相性が良い異性であったり、顔などの見た目が自分の好みに合う相手だったり、その想像は様々です。

「こんな人がいい」という好みや基準は人それぞれですが、その基準を不足なく満たせる異性はなかなか見つかるものではありません。
普段の仕事やプライベートでの外出先で、自分の好みの異性と出会える確率は高いとはいえないでしょう。
ただ異性と出会いたいだけなら外に出ただけでいくらでも経験できます。
しかし顔を合わせる人々の中で好みの異性を探そうとなると、話は一気に変わります。

理想が高ければ高い程、好みの異性と巡り会える可能性は低くなっていくでしょう。
自分の基準やルールの中で譲れない異性のタイプを決めてしまうと、もしかすると良い出会いになるはずだった相手の姿も見逃してしまう事があるのです。

現実に生きていく日々の中だけではなく、コミュニティサイトや出会いアプリのようなインターネット上での出会いも同様です。
スマホの出会いアプリであれば、特に最初から出会いを求めるためのアプリであるために結果はすぐ表れるでしょう。
しかし、多くの人と出会えるこのようなアプリ上であっても、「こういう人じゃないとダメ」と異性に対して厳しい選り好みをしてしまう人も時々います。

せっかく誰かから何らかのアプローチを貰えたとしても、プロフィールや写真を見ただけで「理想と違う、好みじゃない」とスルーしてしまうのはもったいないのではないでしょうか。
いくらか自分の好みからは外れていたとしても、アプリ上でメッセージのやり取りをしてみれば、相手の良さに気付くこともあるかもしれません。

一見しただけでは人の良し悪しの判断は付きにくいものです。
顔含めた外見は好みでも、性格が合わないという場合もありますし、反対に顔は全くタイプではないのに相性がぴったりという場合もあるのです。
現実でもアプリでも、良く知らない相手に対して一方的な基準を押しつけて評価してしまうのはよくありません。
出会いが良い縁に繋がるかどうかは、相手を知ってから初めて決まるのです。